宝くじの種類を紹介|一口の金額はいくらから?確率は?当たりやすい種類なんてあるのか?

お役立ちコンテンツ


「宝くじ買って一攫千金じゃー!」なんて考えてるそこのあなた、少し待ってください。宝くじ購入するにあたって、知っておきたい情報や基礎知識などをしっかりとおさえていますか?


意外と知られていませんが、一概に宝くじと言えどもその種類はいくつも存在します。宝くじマニアでなければ知らないような種類も存在しており、当然その買い方によっても当せん金額が異なります。

ここでは宝くじの種類を紹介するとともに、一口の金額、当たりやすい種類の宝くじは存在するのか?など、これから宝くじを購入される方の「第一歩」となるであろう内容を紹介していきます。

宝くじの種類は大きく分けて4種類

宝くじには大きく分けて4種類があります。

・ジャンボ宝くじ
・通常宝くじ
・数字選択式くじ
・スクラッチくじ


もちろん購入する宝くじはご自身の自由ですが、その宝くじの特徴や詳細をしっていて損はしません。むしろ知っておいて得をすると思います。なぜなら、配当や確率もそれぞれの宝くじによって異なるため

筆者自身、宝くじ初心者の頃は当てずっぽうにあれもこれもと買っていましたが、慣れていくうちに「あ~、あれもったいないことしたな…」や「うわ~、こっち買っておけばもっと配当良かったやん…」など、あまりにも無知であったため落胆することもしばしば。

そうならないためにも、それぞれの宝くじに関する特徴や詳細を事前に知っておくとハッキリ言って「有利」です。それではさっそく確認していきましょう。※一口あたりの金額も記載しているので参考にしてください

1.ジャンボ宝くじ


ジャンボ宝くじは、最高当せん金額がその名の通り「ジャンボ(高額)」なことから命名された大人気の宝くじです。知ってる方も多いはず。


ジャンボ宝くじには全部で5種類あり、それぞれ「バレンタインジャンボ」、「ドリームジャンボ」、「サマージャンボ」、「ハロウィンジャンボ」、「年末ジャンボ宝くじ」となっています。

ジャンボ宝くじでは当せんした時の金額が大きいため、当せん確率も当然低くなっています。しかし、日本国内で最も有名な宝くじであり、もし当せんすれば一瞬で億万長者になれるということもあり、最も人気があり最も規模の大きな宝くじとなっています。

・一口300円~

2.通常宝くじ


皆さんもよくご存じであろう
ジャンボ宝くじと同様の方法で抽選が行われるのが「通常宝くじ」です。

組・番号などがあらかじめ印刷されている券を購入してから、抽選会の結果を待つことになります。抽選会で決定した当せん番号と、自身が持っている券の番号が一致していれば当選となります。

最大の特徴として、ジャンボ宝くじと比べると当せん金額が少なくなっていますが、その分当せんの確率が高くなっています。

宝くじの単価や当せんした時の金額などはそれぞれ変わっており、発売期間も決まっています。また、時より期間限定の宝くじを世に出しており、全国で発売される「宝くじの日記念くじ」や震災復興などの用途で発売される「東日本大震災復興宝くじ」なども通常宝くじに区分されます。

・一口200円~

3.数字選択式くじ


数字選択式のくじも昨今では人気のある宝くじとなっています。


ジャンボ宝くじほどの高額当せん金額は設定されていませんが、キャリアオーバーなどの制度を導入することで、ジャンボ宝くじ同様に一攫千金を夢見ることが可能。これにより億万長者を夢見る人たちがこぞって購入するタイプの宝くじとなりました。

また、通常の宝くじのよう既に決まっている数字の券を購入するのとは異なり、自身で番号を決定することが可能なので自ら運命を決める楽しさも味わえます。

・一口200円~

4.スクラッチくじ


スクラッチくじは、サクッとその場で結果が分かるお手軽さから人気の宝くじです。


スクラッチとは、購入した販売窓口でくじ券をスクラッチ(削る)ことによって現れる数字や絵合わせによって結果がその場で分かるタイプの宝くじです。抽選会を待つ必要がないので、その場ですぐに結果を知ることができます

当せん金や削り方、イベントによって様々な種類のスクラッチくじがあるのでゲームのような感覚で簡単に楽しむことができます。

・一口200円~


※ここからは、さらにさまざまな種類の宝くじを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

ブロックくじ


日本全国を5つのブロックに分けて販売する宝くじを「ブロックくじ」と言います。


ブロックはそれぞれ東京都、北海道・東北・関東(東京をのぞく)、中部地方と三重県・近畿地方(三重県をのぞく)、中国・四国・九州・沖縄、栃木県(販売場所は全国)に分けられています。

ブロックくじは各地方自治体が運営しているため、限定された地域での販売もあるのが特徴です。

その地域を訪れた人が「記念」としてブロックくじを購入するケースも少なくないそう。

・一口300円~

ビンゴ5


ビンゴ5は、皆さんもよく知っている
ビンゴと同じ形式の宝くじです。

縦横3マスのうちで、中央のマスを抜いた合計8マスの数字を選び、縦横斜めに揃ったラインの数によって当せんが決まります。数字を選択する楽しみと、ビンゴが揃う興奮も同時に味わうことができる宝くじです

どなたでも簡単に買えて、知識もほぼ必要ないので人気の宝くじです。

・一口200円~

ロト6


ロト6は、「1」から「43」までの好きな数字を6つ選び、その数字の当たった数に応じて賞金が当たる形式の宝くじです。


全国で毎日購入することが出来、抽選は毎週2回行われています。

一週間で2回と比較的すぐに抽選が行われるので、通常宝くじよりも早く結果を知ることができます。ストレートで数字を当てられれば、高額の当せん金を得られます。

・一口200円~

ロト7


ロト7は、ロト6と同様の形式で行われている数字選択式の宝くじです。


選択する数字は「1」から「37」までの数字を7つ選びます。そのため、ロト6よりも難易度が高くなるのでその分当せん金も高額となっています。

ロト6、ロト7はともにキャリアオーバーを採用しており、抽選のたびに当選者がいなければ、その都度当せん者が出るまで高額の当せん金が設定されることになります。

・一口300円~

ミニロト


こちらの
「ミニロト」も「ロト6」や「ロト7」と同じ形式の数字選択式のくじです。

ミニロトと呼ばれるだけあり、規模は最も小さくなります。

「1」から「31」までの数字の中から、5つの数字を選び抽選番号と一致させることが出来れば当せんとなります。ミニロトと呼ぶだけあって、最も当選金額は少なくなっていますが当選確率も高くなっています。

・一口200円~

ナンバーズ3


ナンバーズは、3桁か4桁の数字を選んで当てる数字選択式のくじです。


申し込みタイプはストレートとボックス、セット、ミニの4通りです。

ストレートはボックスでの購入よりも確率が低くなるため、当選すれば高額の当せん金が得られます。

・ストレート購入とは?
例えば「123」を買った場合、「123」しか当せんになりません。

・ボックス購入とは?
例えば「123」を買った場合、当選番号が「312」など並び順が違っても当せんになる形式です。

ストレートとボックスを同時に購入するセット形式もあります。また、ナンバーズ3の場合はミニと言って、下2桁が当たっていれば当選という制度もあるため少額になってしまうものの当せんの確率は高い宝くじというのが特徴です。

・一口200円~

ナンバーズ4


ナンバーズ4は、ナンバーズ3と同様の宝くじ形式となります。


その名の通り、ナンバーズ3よりも1桁数字の多い形式となります。当然、当せんする確率は低くなるためナンバーズ3よりも高額の当せん金を得ることが可能です。

ただし、ナンバーズ3とは異なりミニの購入方法が選択できないのでご注意を。

・一口200円~

宝くじは毎日開催されている


基本的に宝くじは毎日開催されています。


上記で説明した通り、宝くじの種類によって規模や当せん金額が異なるため、規模の大きな宝くじは年に数回と少なくなります。その反面、規模の小さな宝くじは1年中開催されています。

1年中開催されている小規模な宝くじでも、キャリーオーバーなどが行使され当せん金額が跳ね上がることも多くあります。

楽しみ方は人それぞれですが、宝くじの運営側もお客様がワクワク出来るよう、夢を見れるように考えて構成していることが伺えます。

こんな方にはこの宝くじがおすすめ

続いては、宝くじの種類別におすすめを紹介していきます。

一攫千金狙いならジャンボ宝くじや通常宝くじ


前述しましたが、ジャンボ宝くじはその名の通り「高額な当せん金」と「最低の当せん確率」となっています。そのため、最も人気で規模の大きな宝くじとなっています。


まさに「宝くじドリーム」です。一攫千金を夢見て、抽選会を楽しみにしたい方におすすめの宝くじです。

コンスタントに稼ぐなら数字選択式宝くじ


コツコツと当せん金を稼ぎたいのであれば、数字選択式のくじを選ぶとよいでしょう。


もちろん、ナンバーズやロトでも1等に当せんすれば高額のお金を手にすることが出来ます。

一方で、ナンバーズ3のように当せん確率の高い少額の当せん金を狙える形式も存在しています。そのため、何度もコツコツと続けていれば少ない当せん金でも稼ぐことができるようになっています。

最近では副業として数字選択式宝くじを購入する方もいるとか。

あたり千金を視野に入れつつ、コツコツと稼ぐのであれば数字選択式のロトかナンバーズが最もおすすめで効率がよいでしょう。

 

すぐに結果が知りたいならスクラッチ


抽選会などを待つことが出来ず、その場ですぐ当せんが分かる簡易的な宝くじをしたいのであればスクラッチがベストです。


スクラッチくじには、季節によって様々なイベントが用意されているため、ゲーム感覚で遊べます。また、好きなアニメや漫画のキャラクターのスクラッチカードを手に入れることも可能です。

暇つぶしに近くの販売店でサクッと購入できる点もGOODです。

当たりやすい種類なんてあるのか?


結論ファーストでお話しすると、
あります。

ここでお伝えしたいのは「規模の関係」ということ。

前述のとおり、当せん確率の高い宝くじは存在します。規模の小さい宝くじほど当せん確率は高くなります。しかしその一方で、最高当せん金額は低くなります。

大規模の宝くじで一攫千金を狙うのか、それとも小規模の宝くじでコツコツと当てて稼ぐのか。

まさに「あなた次第」です。

 

まとめ|初心者は宝くじの種類を知って確率を学ぶべし


宝くじと言ってもさまざな種類があることがお分かりいただけたと思います。


繰り返しになりますが、

・小規模の宝くじは確率が高く当せん金が低い
・大規模の宝くじは確率が低く当せん金が高い


当たり前のことですが、まったく無知の人は意外と知らないことなので覚えておきましょう。

また、宝くじについてもっと深く知りたいと思う方はインターネットなどで優良な情報を集めることをおすすめします。ネットには偽の情報も含まれているため、しっかりと見極める必要があります。

最後になりますが、当サイトで紹介している優良サイトでは直近のデータや独自の予想方法で抽せん数字を予想しているサイトがあるので、参考にしてみるのもアリです。

 

タイトルとURLをコピーしました