もし宝くじで億当たったら手元に残る手取りはいくら?

お役立ちコンテンツ

 

突然ですがあなたはこんな疑問を感じたことありませんか?

もし宝くじで、

・1億円
・5億円
・10億円

当たったら手元に残るのはいくらなのか?

結論 : 全額残ります

結論ファーストでお話しさせていただきましたが、詳しい情報が知りたい方はこのままお進みください。

税金やら所得によって受け取れる金額が変動してしまう

なんて勘違いされている方も多くいるはず。

宝くじは、まさに「夢を見せてくれるドリームくじ」です。

当せん金は非課税なので「全額手取り」


「自分なんてどうせ当たるはずない」なんて思っている無関心な人。

宝くじをよく購入する人でも知ってるようで意外と知らない事実。

宝くじの当せん金は「当せん金付証票法」という法律によって、非課税所得と定められています。

※BIGやtotoも同じ

ちなみに競馬や競艇の払戻金は、一時所得として所得税の課税対象となります。

ですが宝くじの場合は1億円でも、5億円でも、10億円当せんしても、税金は1円も取られません。

ということは、所得にも含まれません。

よって翌年の住民税等への影響もなし。もちろん、確定申告の必要もありません。

当たった金額がすべて手に入るなんて、、、

競馬や競艇とは違った感覚で楽しめるのも、宝くじの魅力の一つだと思います。

宝くじは購入時に税金が引かれている


実は、宝くじでは購入した時点で税金が徴収されています。

その税率はなんと40%。

なかなか高いですよね。初めて聞く人はビックリすると思います。

宝くじ購入金額のうち、40%は住民税としてその地域に納められています。

購入した自治体へと住民税が支払われる仕組みになっているため、

是非とも宝くじは地元で購入してください!

という風潮があるわけです。納得できますね。

自治体へと支払われる税金に関しては、公共施設の修繕、修復、宅地の開発などに当てられます。

税金が発生するパターンもある


前述のとおり、当せん金は非課税所得となるため税金は取られません。

しかし、そのお金をどうするかによって税金が絡んでくる可能性があります。

この項では、2つのよくあるパターンを紹介していくので参考までに。

【相続税】本人が当せん金を使わないまま死亡


例えば、5億円を当てた人がそのまま使わずに本人が亡くなってしまった場合、その5億円には「
相続税」が発生します。

相続が発生してしまうと、宝くじで当せんしたお金であろうと被相続人の資産であることに変わりはありません。

よって、他の現預貯金と同じ扱いになります。

【贈与税】当せんしたから〇円あげるよ!は禁物


当せん金を人にあげると、もらった人には贈与税が課税されます。

贈与税は年間110万円までは非課税となりますが、1億円を贈与した場合にかかるのは、、、

(1億円-基礎控除110万円)×税率55%-400万円=5,040万円

つまり、半分以上の5,040万円が贈与税となってしまいます。

正直バカバカしいです。

結論 : うまくやろう(次の項に続く)

共同購入で贈与税を回避できる!?


当せん金をどうしても分けたい人がいる場合は「
共同購入」することで贈与税が課税されずに分けることが可能。

当せん金を受け取る際に、みずほ銀行窓口にて「共同購入したので当せん金もそれぞれで受け取りたい」というふうに伝えます。

そうすれば当せん金は、それぞれの口座に振り込まれます。

贈与には該当せず、贈与税を納める必要はありません。

まとめ|宝くじは全額手元に残る


宝くじは、当せん金額に関係なく税金がかかる心配はありません。※例外を除き

知ってるようで実は知らない方も多いので、税金が必要になるパターンも含め絶対に覚えておくようにしましょう。

また、宝くじはに当せんした場合は必ず「当せん証明書」を発行してもらいましょう。

万が一に高額当せんして、いきなり半端じゃない金額が銀行口座に振り込まれるわけですよ。

したら、お巡りさんなんかはどう思いますか?

「怪しい」

そうですよね。

そんなときのためにも「当せん証明書」は必ず証拠として保管しておきましょう。

これからもこのお役立ち情報を随時アップしていくので、是非ともお読みいただけるとこちらとしても身が入ります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました